多摩市の女性をきれいにしたい為のお話

みなさんはこんにちは!多摩市の女性をきれいにしていく為のお話

美と健康のダンススクール さぁ今日も行ってみよ~



女子高生の理想体型?「シンデレラ体重」



シンデレラ体重とは?

シンデレラ体重とは一体どのような体重の事を指すのでしょうか。区分の仕方には厚生労働省が定めたやせ・普通・肥満などがあるほか、さらに細分化してシンデレラ・美容・標準などに分ける方法があります。このうちシンデレラ体重はモデル体重とも呼ばれ、美容体重を下回る体重のことを指します。美容体重の一番重い体重からさらに10%引いた値になります。計算方式は身長×身長×20×0.9です。BMIにすると約18%であり、厚生労働省の「やせ」に相当します。 適正体重と理想体重 "厚生労働省などが考える適正体重と女子高生などが考えるシンデレラ体重とは大きな開きがあります。例えば日本人に一般的な身長である158㎝の女性の標準体重は約55㎏ですが、美容体重は47㎏、シンデレラ体重は45㎏です。BMI換算で考えても、21~22程度の55㎏前後が好ましいのですが、シンデレラ体重はそれを大きく下回っています。女子高生をはじめとする女性にとって身長が158㎝で体重が55㎏というのは少しぽっちゃり目であるように考えてしまうようです。これまでの統計調査の結果好ましいと考えられている適正体重と女性の考えている理想の体重とはかなり異なっていると言えるでしょう。


このような差が生じてしまう理由には注目を集めるモデルさんや芸能人のすらりとした体系をテレビなどで毎日のように眺めてしまい、一般化してしまっているということが大きな原因であるのかも知れません。例えばモデルとしても女優としても活躍している桐谷美玲さんのBMIは17ほどと発表されており、ほか新垣結衣さん、ローラさんなどそうそうたるメンバーの体重はどの方もシンデレラ体重になっています。毎日ドラマなどに出ている芸能人の面々に標準体重が少ないことが理由として考えられます。


やりすぎ注意!?シンデレラ体重の危険性

シンデレラ体重は標準体重と比較すると大きな差があります。厚生労働省などの様々な調査によれば、あらゆる病気に最適な値が標準体重だとされています。シンデレラ体型はこれを大きく下回っています。つまり、この重さはあらゆる病気にかかりやすい体重で出来れば避けた方が無難である体重であると言えるでしょう。


重さがある程度ないと免疫力が低下して病原菌が入り込みやすくなります。アスリートの選手が身体を絞って減量しているのを目にしたことがある方もいらっしゃると思いますが、減量中は病気にかかりやすいこともあってかなりケアには気を遣うと言われています。ウェイトトレーニングをして筋肉がムキムキな人が早死にしてしまった例もあります。


体重も脂肪も人間が健康的に生きていくためには必要なものです。見た目を気にしてシンデレラ体型に近づく努力は称賛に値する行動だとは思いますが、無理をし過ぎると、取り返しのつかないことになることもありますので、ほどほどを心がけた方が良いでしょう。


理想の体型に近づく効果的な運動

綺麗な時期を綺麗な状態で生きていきたいと考えるのは動物として、また人間として当然のことです。シンデレラ体重が真に理想的な体重であるかどうかはともかく、なるべく健康的に体重を落としたいものです。健康を保ったまま効果的に運動をして体重を落とすにはどのようにすれば良いのでしょうか。


マラソンランナーなどで活躍する目標がある場合はともかく、運動もなるべくやり過ぎず、ほどほどを心掛けた方が良いと思われます。ウェイトトレーニングでも述べたように、脂肪を減らし過ぎると、病原菌が入り込みやすくなり、病気になりやすくなるだけでなく、男性ホルモンが増えて肌質も悪くなるなど良いことがありません。


ほどほどを心掛けつつ、週に2日~3日1時間ウォーキングをしたり、軽い筋トレをするなどして、ベルものにも気をつければ無理なく理想の体重に近づくことが出来ます。筋トレをする場合も軽めの重さにして、やり過ぎないようにすることがポイントです。





今更ながらおさらい撮って楽しい「フォトジェニック」

フォトジェニックとは?

欧米ではフォトジェニックという言葉がよく使われますが、最近は写真共有SNSの影響もあり日本でも使われるようになっています。

フォトジェニックとは簡単に言えば写真向きという意味で、写真写りが良い人を指すことが多いです。

海外では顔立ちが良く容姿が美しい女性に対してよく使われます。

アスリートなど筋肉をよく鍛えて美しいプロポーションを維持している人にもフォトジェニックという言葉を使います。同じ言葉でも国によって捉え方は異なります。


フォトジェニックとインスタ映え

写真共有SNSのInstagramが大ヒットしたため、フォトジェニックやインスタ映えという言葉が日本全国に広まっています。

Instagramは写真や動画を多くの人と共有できるSNSで、全世界に8億人以上のユーザーがいます。

投稿されやすい商品を企画して提供する企業が増え、インスタ映えする商品やフォトジェニックな商品が話題になりやすくなっています。

テキスト系のSNSとは違ってビジュアルで勝負できるInstagramは、一瞬で情報が伝わるというメリットがあります。

インスタ映えは流行語大賞にも輝いています。インスタ映えとはInstagramの投稿で映える写真を指します。仕上がりを意識して写真を撮影し投稿しているユーザーは、全体の7割近くにもなります。

写真映えする必要条件ではお洒落と可愛さがトップを占めますが、画像の加工技術も重要ポイントです。

Instagramにはフィルター機能が搭載されていて、普通の写真をお洒落に加工して投稿することができます。

フォロワーが多い芸能人や文化人、モデルの中には写真加工アプリを上手に活用してプロ並みの写真をInstagramに投稿して人気を博している人も多いです。


フォトジェニックな食べ物

フォトジェニックな食べ物が毎日のように投稿されていますが、人によってフォトジェニックのとらえ方は違います。ある人にとってはフォトジェニックに見えても、違う人にとっては普通に見えるケースもあります。

一般的に、日本では色がきれいな食べ物はフォトジェニックだと言われやすい傾向があります。

カフェで出されるケーキやクッキー、パンケーキなどはよく投稿されています。

食べ物の写真は、一目で深い印象を残す鮮やかで美味しそうな写真が好まれます。

単品だと映えない場合は、フルーツなどを添えて雰囲気を出す人もいます。

お洒落な食器や小物を上手に使って華やかさを出している投稿も、人気を集めやすいです。

カフェのメニューはInstagramで投稿されやすく、有名なカフェの中には店のアカウントでフォトジェニックな写真を投稿して全国的に知られるようになった店もあります。

Instagramは、全くの素人でもスターになれるくらいのパワーがあるSNSなので、ビジネスに活用する人も増えています。


ちなみに…海外でのフォトジェニックとは

日本では食べ物や風景にもフォトジェニックという言葉を使う人がいますが、海外では人に対して使われます。

日本では和製英語というジャンルがありますが、フォトジェニックもInstagramの投稿では和製英語的に使われています。

photogenicは実はギリシア語が語源で、光を作り出すものという意味を持ちます。

英語のphotoは写真ですが、genicが付くことで写真に適したという意味になります。

日本ではグルメやスイーツ、スポットなどにフォトジェニックが使われることが多いものの、少しずつ海外で使われる意味でのフォトジェニックも浸透してきています。

Instagramにはハッシュタグがあり、魅力的な写真にラベルをつけて投稿できます。

魅力ある写真を投稿できれば、一気にフォロワーを増やすことも可能です。

芸能人でもモデルでもない一般人でも、フォトジェニックな写真によって一気に注目されることが可能です。海外では一夜でスターになった人がたくさんいます。




健康に必須な栄養素「ビタミン」

ビタミンとは

ビタミンは生物の生存生育に必要な栄養素のうち、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称です。

たとえば人間を含むほとんどの霊長類にとってビタミンCの摂取は必要不可欠です。

これはアスコルビン酸=ビタミンCがコラーゲンの生成などの水素運搬体を必要とする多くの代謝経路に必須であるにも関わらず、霊長類はこれを合成する代謝経路を持ってないからです。

そのため人間は定期的にビタミンCを摂取する必要があるというわけです。


ビタミンの種類と働き

ビタミンは大きく脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分類されます。

脂溶性ビタミンは水に溶けにくく、油に溶けやすいのが特徴です。

このため調理のために水洗いや加熱調理をした時に失われにくく、油と一緒に調理することが吸収率を高めることができます。

脂溶性ビタミンの代表例がニンジン、ピーマンカボチャなどに含まれるビタミンAです。

適切な量を摂取することで皮膚や粘膜の保護作用や目の健康を保つ効果が得られます。

水溶性ビタミンは水に溶けやすいビタミンです。

脂溶性ビタミンと違い水洗いや加熱調理で失われやすい性質なので、意識的に摂取する際は茹で物や煮物よりも蒸し物や炒め物にして食べるなどの工夫が必要です。

水溶性ビタミンの代表例がビタミンCです、適切な量を摂取すればビタミンCは紫外線やストレスによって細胞が酸化するのを防いで肌荒れを予防してくれます。

また免疫力の強化、アンチエイシング、抗ストレスホルモンの合成をサポートする働きなどを持ちます。

ビタミンはレモン、ライム、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれています。

サプリメントなどのCMで「レモン3個分のビタミンCがこれ1つで賄えます」といった宣伝がされるのはこのためです。


なぜ健康にいいの?

ビタミンが健康に良いというよりも、ビタミンを取らないと人間は健康な身体を維持できないという表現の方が正しいでしょう。

その理由は前述の通り、ビタミンは生存に生物に必須栄養素であるにもかかわらず、これを体内で自力合成することができないからです。

なおビタミンの定義は生物の生存に摂取が必須であるかで決まるので、人間にとってはビタミンであっても、他の生物にとってはビタミンでないものはたくさんあります。

ビタミンC=アスコルビン酸は人間にはビタミンですが、多くの生物には自力合成可能なノンビタミンです。

またビタミンの摂取は必ずしも健康にいいとは限りません。

たとえばビタミンAは通常の食事で過剰摂取となる可能性はまずありませんが、サプリメントなどで大量に摂取すると腹痛や悪心、嘔吐、めまいなどを引き起こすことがあります。

そのためビタミンに限らず栄養素をサプリメントで補う際は用法用量と使用上の注意を守って使用しましょう。


ビタミンの推奨摂取量

ビタミンの推奨摂取量はそれぞれのビタミンによって異なり、性別や年齢によっても推奨摂取量は変化します。

たとえば厚生労働省がまとめた「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では1歳の女の子のビタミン推奨量は1日350レチノール活性当量ですが、70代の男性の場合は800レチノール活性当量となります。

基本的には女性よりも男性の方がより多く摂取することが望ましく、年齢を重ねるごとにより必要量が増えます。

耐容上限量の値は幼いほど小さくなっています、子供にサプリメントを与える際は注意しましょう。

また女性の場合、妊娠中は推奨摂取量が変化します。

十分な量のビタミンを摂取していないとビタミン欠乏症となる恐れがあります。

ビタミン欠乏症の症状は不足しているビタミンの種類により異なりますが、視力の低下や貧血、消化不良、ストレス耐性の低下など人間の肉体を損なうので、日頃から栄養バランスを考えた食事をするよう心がけましょう。




カラダを維持する「ミネラル」の役割

ミネラルとは

健康のためにはミネラルが必要になりますが、そもそもミネラルにはどのような意味があるか知っておくべきです。ミネラルとは無機質のことを意味していますが、例えばカルシウムや鉄そしてナトリウムがこれにあたります。これらの特徴は、人間の体でつくることができない点です。そのため、定期的に食べ物や飲み物から取るしか方法がありません。

ミネラルが体の中に存在することで、体の組織を作ることができ、それに加えて健康を維持することが可能になります。


「ミネラル」とカラダの深い関係

ミネラルは、健康に生きていくうえで必要なものになりますが、比較的重要なものの一つとしてカルシウムがあります。カルシウムは骨や歯そして爪などを作る重要な成分の一つですが、これが不足してしまうと年齢を重ねてから骨粗しょう症などになりやすくなるだけでなく、爪や歯が壊れやすくなる傾向があります。特に骨折した場合には、なかなか治ることがないためあらかじめ骨折をしないように頑丈な骨を作っておくことが必要でしょう。

もう一つ重要なことは、鉄分になります。鉄分が不足してしまうと貧血を起こす可能性があるため定期的に鉄分を吸収しておくように心掛ける必要があります。特に女性の場合は、生理などで血液が不足してしまうことがあり貧血が起きやすいです。

このように、ミネラルには体をつくるだけでなく健康維持するために必要な働きを持っていますが、逆にたくさん摂ってはいけないものも存在しています。その一つが、ナトリウムになります。ナトリウムは、食塩やしょうゆなどに含まれていますが、適度に摂取する分には良いとしても、過剰に摂取してしまうと高血圧や脳卒中になる可能性が高くなるでしょう。一度高血圧になってしまうとなかなか治ることがないため、早い段階でナトリウムの取り過ぎを意識するべきです。



ミネラルの種類と働き

体に必要なミネラルといっても、実は様々な種類があります。比較的重要になるのは鉄やカルシウムですが、鉄はわかめなどの海藻類やシジミなどの貝を食べることで体の中に入れることができます。また、レバーや緑黄色野菜にも含まれているのが特徴です。これらは、それほど意識しなくても普通に食事をしていれば摂取することができるためそれほど不足する心配はありません。ただし、ファーストフードばかり食べている場合には、十分に体の中に必要な栄養が吸収できない可能性があるため食事を見直すべきです。

カルシウムは、牛乳や小魚などに多く含まれていますが、大豆や緑黄色野菜にもいくらか含まれています。骨を強くしたい場合には、積極的に小魚を食べたほうがよいです。牛乳もよいですが、魚からとるカルシウムの方が体に残りやすいため、迷った場合には小魚を多く取るようにしましょう。

それ以外にも、カリウムやナトリウムそして亜鉛などもミネラルの一種とされています。


ミネラルが不足すると

ミネラルが不足してしまうと、体調が悪くなり体に悪い変化が起こる可能性があります。これは体の働きだけでなくそれぞれの機能も低下することから、ちょっとしたことで体調が悪くなったりけがをするなどの傾向がみられるでしょう。具体的にいえば、肌が老化してしまうのはミネラルが原因とされていますので、アンチエイジングの一つとして積極的に口の中から入れるべきです。また体温調整の意味もありますので、冷え性の人などは特に重要な成分の一つです。

そのため、意識してミネラルを体に吸収する必要がありますが、食べ物や飲み物から吸収しても考えていたよりも不足していることがあります。例えば、鉄分が多く含まれているホウレンソウは、昔よりも鉄分のその含有量が減少しているとのデータがあります。少しでも多くミネラルを体の中に吸収したい場合には、食べ物だけでなくサプリメントなどを積極的に使うことも必要です。継続的にサプリメントを口に入れることで、将来の不安をなくすことができるでしょう。





体形に悩む人必見!?どうやったら「部分痩せ」できる?

部分痩せを求める人は多い

食事制限はダイエットに特に効果的ですが、食事制限のダイエットは全体にサイズダウンする傾向があり豊かさを保っておきたいバストやヒップまで落ちてしまうことも少なくありません。

そうなるとメリハリのない魅力のないボディラインになってしまうことも多く、バストなど痩せたくない部分はキープしてウエストや二の腕など細くしたい部分だけをピンポイントで痩せたいと希望する人は多くなっています。それゆえ、部分痩せを成功させるなら食事制限だけではなく様々な努力や工夫も必要となってきます。


脂肪を減少させる部分痩せ

太ってしまう原因には余計についた脂肪があげられますが、部分痩せを成功させるためにはその脂肪を減少させる必要があります。脂肪吸引などはピンポイントで脂肪をしっかり取り除くことができますが、自己流の努力で脂肪を落とすのであれば食事でのダイエットに運動もプラスする必要があります。

全体的に痩身したい場合はランニングなどの有酸素運動が効果的ですが、部分痩せを期待する場合はピンポイントで運動を行うのは難しく効果は出にくいと言えるでしょう。

とはいえ、やはりよく動かす部分には脂肪がつきにくい傾向がありますので、部分痩せの成功を希望するのであれば筋力トレーニングも活用していきましょう。トレーニングを行っていても特定の一か所だけ細くするのは難しいものもありますが、運動を行うことはたるみを引き締めることにもつながりますので、見た目がかなりすっきり見えることも期待できます。

そしてトレーニングでは筋肉を付けていくことができますので代謝もアップし太りにくくなる効果も期待することができますので、やはり努力は続けていきたいところです。

元々脂肪量の多い人は効果を実感するのに時間が掛かることもありますので根気よく努力を続けていくことが大事です。


筋肉が減少した部分痩せ

部分痩せができる方法としては筋肉が減少することもあげられます。

ふくらはぎなども太さが目立つ部分ですが、この場合はどちらかというと脂肪ではなく筋肉が付いて太くなっていることが多くなっています。運動をしっかりと行ってきた人は特定の部位に筋肉が付いてしまい太く見えることがありますが、トレーニングを止めることで筋肉が減少し、細くなる事も考えられます。

そして病気などで長くベッドにいた場合なども筋肉を使わないので脚などがとても細くなることがありますが、こうした痩せ方は健康的とは言えませんし、通常の生活をしていれば筋肉が痩せるほど衰えてしまうといことはまずないと言えるでしょう。

トレーニングをしながらも筋肉を減少させて部分痩せするのであれば、トレーニング方法を変えることで筋肉が細くなり、部分痩せして見える可能性もあります。ボディビルダーのようなトレーニングは筋肉を肥大させることにつながりますのでトレーニング方法を見直すこともおすすめです。" むくみの解消 "簡単に部分痩せを実現させる方法としては、体に溜まった余計な水分や老廃物を排出させるという方法もあります。

まず、顔が大きい、脚が太いといった悩みを持つ人は実はむくみが発生していることが多く、それゆえ体に溜まっている余計な水分や老廃物を排出すれば比較的手軽に部分痩せが可能です。

顔や脚に発生したむくみを解消する方法としてはリンパマッサージなども効果的ですし、むくみ解消に役立つ食材やサプリメントを取り入れることもおすすめです。

そしてマッサージなどでむくみが解消されても、すぐに戻ってしまう可能性がありますので運動で筋肉を付ける、体を冷やさないなど体質を改善する努力も合わせて行っていきましょう。

女性は男性に比べてむくみやすい傾向にありますが、これも筋肉が少ないことが原因のひとつとされています。

筋肉トレーニングを行うことはむくみの改善に役立ちますし、全身を引き締める効果や代謝アップの効果も期待することができます。"




お酒のカロリーを知って、健康になろう!

飲み方次第で良くも悪くもなる「お酒」

お酒は古来より百薬の長などと称され、多くの人に愛用されていきました。その歴史は古く、人間が絵や言葉による記述の方法を見つけるより以前からあったことが分かっています。しかし、百薬の長と称される一方で、万病の元とされることもあります。飲み方次第で毒にも薬にもなることを二つの言い伝えは端的に表しているとも言えるでしょう。どうすれば身体に良く飲めるのかを知って長く美味しくお酒と付き合えるようにしていけるのが理想です。 アルコールで本当に太る? "お酒を飲むことによって、太ってしまったという話を聞くことはないでしょうか。私は幼少期から周囲にお酒を飲む人が何人かいて、身近な人がぼやいているのも度々聞いてきました。社会人になった今でも同僚や友人、知人が話題として取り上げるということを度々経験しています。しかし、本当にアルコールを摂取することによって太るということがあるのでしょうか。


他の食べ物と同様にアルコールにも当然ながらカロリーが含まれているので、毎日たくさん飲むことによって太るという可能性は考えられます。しかし、アルコール自体に含まれているカロリーはそれほど高くないと考えられます。また、アルコールは度数が上がるとカロリーも上がるといった相関関係にあるのですが、例えば度数があまり高くない5%の生ビールの中ジョッキ一杯で200Kcalほどだとされています。アルコールに強い人でも酔う中ジョッキ2杯を飲んだとしても400Kcalにしかなりません。アルコールの中で糖質の含有量が比較的高いビールでこの程度で、糖質の含まれない焼酎やウイスキーは度数の割には低いということになります。


太る原因は多くの場合、一緒に食べるつまみなどであると考えられます。アルコールを飲むと気分が良くなり、食欲が増進されます。増進した結果飲まないときよりも多く食べてしまって太るということです。



「酒は百薬の長」であるために

最初に述べたように、酒は百薬の長とも言われます。お酒を万病の元とすることなく百薬の長として楽しんでいくにはどのような付き合い方をすれば良いのでしょうか。


お酒を飲んでいるとついつい気分が良くなってしまい、調子に乗って飲みつづけてしまったり、食べ過ぎてしまうことがあります。お酒を好んで飲む人であればほとんど誰しも経験することです。しかし、そのまま継続して飲み食いしていれば、カロリー摂取の面からも肝機能の面からも大きく負担をかけ続けることになります。人間が一生に分解出来るアルコールの量は決まっているということも様々な研究から分かっていますので、長くお酒を楽しみたいのであれば、ほどほどの適量を心がけるようにした方が良いと考えられます。


具体的には、一週間で日本酒換算で考えて14合を超えないようにした方が良いでしょう。一日で考えると一日2合以上は飲まないように調節した方が良いと考えられます。これは多くの人が毎日お酒を飲んだとしても肝機能を維持して一生続けることが出来る分量の目安です。" 「休肝日」の設定 一日2合、1週間で14合までが一応の目安です。しかし、時には付き合いなどでもっと飲みたいことがあるでしょう。たまには一日の分量は多少増えることも止むを得ません。関係性を維持していくためにはある程度付き合って飲むことも必要なことがあると思います。とはいえ、毎日続けてのんでいると肝臓は休む暇なく動き続けることになり、大きな負担となって疲弊しきってしまうことがあります。よって、一週間に一日、あるいは二日はアルコールを全く飲まない日というのを設けることがお勧めです。休肝日を設けることで肝臓を休ませることが出来、疲弊しきってしまう心配が減ります。また、一日2合までと考えていてもいつの間にかそれよりオーバーしていることもありますので、一日2合と決めて一週間の摂取量が14合を超えないようにしている人にも休肝日をもうけることをおすすめしたいと思います。肝臓は休むことなく黙々と役に立ってくれていますが、ある日突然動かなくなることがあります。そのようにならないよう気をつけてお酒を楽しみたいものです。




甘くて体にも良い「ハチミツ」。その効果とは?

はちみつの種類

はちみつと言えば、とろりとして甘く、食パンに塗っても美味しい誰でもご存知の食品です。しかし、想像以上に種類がある事を知っていますでしょうか。花の種類が多くあるように、それ分だけはちみつの種類も豊富なのです。一般的な食品売り場で見かけるのは「レンゲ」や「アカシヤ」辺りが多いと言われています。他にもクローバーやナタネ、リンゴやシナノキなどがあります。香り豊かなラベンダーやローズマリー、変わり種のソバやコーヒーの花なども存在しています。 はちみつの栄養成分 はちみつはおいしいだけでなく豊富な栄養素を含みます。良質なビタミン類やミネラル類だけでなく、アミノ酸や酵素なども含有しているため栄養価の高い健康食品として重宝されています。江戸時代では砂糖と並ぶ、最高の甘味料として一般庶民には手の届かない高級な嗜好品でもありました。ビタミン類にはビタミンCやビタミンK、ビタミンB1・B2・B6・葉酸・パントテン酸などを含有。ミネラル類としてもカリウムを多く含み、カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・マンガンなど幅広くカバーしています。はちみつの糖分はブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)から作られています。本来、花の蜜の主成分は白砂糖と同じショ糖(スクロース)ですが、ミツバチが体内の酵素で分解することでブドウ糖と果糖を構成。2つの糖分が混ざり合うことで味に深みが生まれ、特有のとろみが砂糖よりも甘みを感じやすくさせているのです。はちみつは砂糖と比較して1.3倍の甘味度を誇り、砂糖を使用するよりも少ない容量で済みます。また、上白糖100g当たりのカロリーは384Kcalであるのに対して、はちみつだと294Kcalです。甘みだけでなく、もともと低カロリーの食品だと言えます。


カラダの調子を整えてくれる

ミツバチがブドウ糖を作り出してくれるおかげで、勉強や頭を使う作業に最適な食品だと言えます。なぜなら脳のエネルギー源となるのはブドウ糖のみだからです。また、果糖もエネルギーに変換されやすい特徴があり、消化吸収されやすく胃にも優しい効率の良い栄養素だと言えます。風邪で身体が弱っていたり、スポーツなどの疲労回復としても効果を発揮します。さらに、はちみつには整腸作用があるため、便秘や下痢といった症状の緩和にも一役買ってくれます。

はちみつに含まれる豊富なミネラルの中でも、カリウムが特に含有量が多く、余分な塩分を排出する効果が期待できます。高血圧の方やむくみを感じる方は血中のナトリウム濃度の高さが原因で引き起こされることも。「自然の降圧薬」と呼ばれるカリウムを多く含むはちみつは、高血圧の予防としても最適です。

各種ビタミン類が含まれていることは美肌にも効果的だと言われています。ビタミンB郡は代謝を整え、肌荒れの予防や改善にも重要なビタミンです。活性酸素を除去し、健康できれいな肌を作ります。


間違っても赤ちゃんにあげないで!!

あらゆる栄養素が含まれているはちみつ。子どもの成長のためにも取り入れたいと考える人も多いはずです。しかし、はちみつには「ボツリヌス菌」という菌が含まれていて、ごくわずかな可能性ではありますが「乳児ボツリヌス中毒」を引き起こす危険性があります。ボツリヌス菌はごく自然に存在しているもので、通常であれば口にしても害はありません。ただ、1歳未満の赤ちゃんの体内はボツリヌス菌にとって快適な環境であるため、増殖しやすいと言われています。赤ちゃんは腸内環境もまだ整っていませんし、免疫力も低いか弱い存在です。ボツリヌス菌の増殖し始めても食い止める力がありません。筋力の低下や哺乳低下などの症状を起こしてしまった場合は重篤な状態に悪化してしまうことがあります。また、加熱調理したとしても熱への耐性が強く、殺菌するには120度で4分以上の加熱が必要です。通常の調理ではリスクを取り払うことはできません。

以上のような理由から、間違っても1歳未満の赤ちゃんには与えることがないように注意してください。食卓に並びやすいことからも、手の届かない場所で管理する必要があります。



女王蜂だけが食べれる「ローヤルゼリー」その効果は?

ローヤルゼリーとは

近年は、たくさんの健康食品がありますが健康食品の元祖ともいわれているのがローヤルゼリーになります。ローヤルゼリーは、健康食品を販売しているところで見かけることができますが、たいていは少量でも高価です。そもそもなぜこのように高い値段になってしまうかといえば、それは手に入れることが難しいからです。

ローヤルゼリーとは、女王蜂だけが食べることができるもので、働き蜂が花からとってきた花粉を分解した物です。そのため、採取することが難しく必然的に高い値段になってしまうわけです。


女王を育てる「ローヤルゼリー」

女王蜂は、必ずハチの巣の中に1匹存在しており、数千匹から数万匹いるミツバチの集団はその女王蜂を中心に活動しています。通常の働き蜂は1週間ほどで命がなくなってしまいますが、女王蜂はそのまま冬眠をするため翌年も活動することになります。働き蜂が花から採取したローヤルゼリーを女王蜂が食べ続けることで、長生きすることができているわけです。まさしく、女王蜂を育てているのが働きバチと言えるでしょう。

女王蜂は、3年から4年間生きつづけますが、毎日1500個以上の卵を産み続けるため、かなりのエネルギーと体力が必要になります。このエネルギーを維持するために必要になるのが、働きバチが作り出したローヤルゼリーと言うわけです。実はもともと働き蜂とも遺伝子は一緒ですが、生まれた後からずっとローヤルゼリーを口にすることができるため、ほかのハチには真似することができないようなアクティブな行動をすることができます。

そこに注目し、人間は、ローヤルゼリーを人間が食べることで健康になれるのではないかと考えるようになりました。実際にミツバチの養蜂をしているところからローヤルゼリーだけをとってきてそれを口にしたところ、強い酸味はあったもののさまざまなよい結果が出たとされています。


ローヤルゼリーの成分と効果

健康に良いローヤルゼリーですが、いったいどのような成分が入っており、そしてどのような効果があるかを知っておくとよいでしょう。成分は、たんぱく質やビタミンなどが含まれており、人間の身体の基本となる成分で構成されています。それに加えて、ミネラルが含まれているのも特徴になるでしょう。特に貴重なのは、デセン酸と呼ばれる成分で、これはローヤルゼリーにしか含有されていないものです。

効果のひとつは、まず疲労回復になります。近年は、不景気の影響もあり仕事をする場合でもかなりハードな毎日を過ごしている人が多くなっています。そんな時にローヤルゼリーを口にすれば、たちまち体力が回復して疲れ知らずの毎日を過ごすことができるに違いありません。

次に、人間の身体の血行促進にも効果があります。人間の体は血のめぐりが良ければ健康的になり、逆に血の廻りが悪いと不健康になりやすいですが、ローヤルゼリーの成分により血行促進を促し、健康維持することが可能です。さらには、冷え性やメンタルヘルスなどにも良い影響を与えています。


「プロポリス」とどう違うの?

ローヤルゼリーと聞いて、似たような言葉にプロポリスを連想する人も少なくないはずです。どちらも同じような成分のように感じますが、いったい何が違うのか学んでおきましょう。

共通点としては、まずどちらも健康食品でありしかもミツバチが関係しています。ローヤルゼリーの場合には、ミツバチの体液と花粉を混ぜて作りだしたものになりますが、プロポリスは樹木の樹皮をあつめてそれを分泌液と混合することにより作り出すものです。ハチの巣の中では使い道が全く異なり、ローヤルゼリーは女王蜂の食事になりますが、プロポリスは巣に塗っておくものになります。巣に塗ることでどのような意味があるかといえば、ウイルスなどを寄せ付けない効果があります。

この違いからわかるように、人間が摂取する場合ローヤルゼリーは滋養強壮や疲労回復そして美容などに良い効果を発揮することになるでしょう。これに対してプロポリスは、風邪の予防や怪我をしたときに出来た傷口の回復などに役立ちます。






痩せ菌とも呼ばれる「酪酸菌」その効果に迫る

酪酸菌とは?

サプリメントなどを摂取していると、体重を落とすことができる場合があります。ただ、やみくもにサプリメントを飲んでみても体重が落ちるわけではありません。事前にしっかりとその成分を確認しておく必要があります。この点、酪酸菌は体重を落とすことができるとされています。もともとこの菌は、腸にとっては非常に重要なもので、必要不可欠になります。もともとはバターから取り出したものですが、熟した銀杏のにおいなどになっている点が特徴です。 乳酸菌との違い "酪酸菌は体の中にある菌ですので基本的には乳酸菌と一緒に生活しているようなものです。乳酸菌との腸痛点は、ともに悪玉菌の繁殖を防ぐ役割があります。つまり、いずれの場合も摂取することで体調不良を避けることができ、また胃腸を健康にします。

酪酸菌の特徴は、体内に入ると胃液にも負けない力を持っており自らの身体を芽胞で守るのが特徴です。乳酸菌に関しては胃液に触れてしまうとなくなってしまいますが、この点が一番大きな違いと言えるでしょう。つまり、身体の外から体内に入れた場合には、途中にある胃液を通り健康な状態で腸の中にはいって行きます。

また、高熱に強いのも特徴といえるでしょう。乳酸菌の場合はそこまで熱に強くないため、ある程度温めてしまうと消えてしまいますが、酪酸菌の場合にはそれなりに熱に強いため温めた飲み物にしても体内で効果を発揮するでしょう。

具体的には、80度のお湯の中に30分あるいは90度のお湯の中に10分入れた場合には、100パーセント生存するのが特徴です。80度の温度は人間の皮膚に触れると火傷するほどの温度ですが、それでも生き残るのはかなり生命力が高い証拠です。100度のお湯の場合には5分間つけておいても30パーセントほど生存しています。


痩せ菌と呼ばれる由来

酪酸菌が痩せ菌と呼ばれていますが、なぜこのように呼ばれるかといえば体の中で消化をよくする働きがあるからです。通常消化が悪いものを食べた時には体内で余計なカロリーまで吸収してしまい体重が増えてしまう可能性があります。もちろん1回や2回程度では増えませんが、長期的に消化の悪い状態だと体重が増える可能性があります。

ですが酪酸菌をとることで腸での消化がよくなり、無駄に脂肪をつけない働きがあるわけです。結果的に体重が落ちやすくなり、それが痩せ菌と呼ばれるゆえんです。ただし、酪酸菌をとれば必ずやせるわけではありません。例えば、酪酸菌を接種するために毎日サプリメントを飲んでいるならば、食事もある程度制限する必要があるでしょう。自然な感じでやせることができるのが魅力ですので、不自然な食べ方をして普段よりも多くのカロリーを摂取してしまった場合には体重が増える可能性があります。無理してファスティングなどをする必要はありませんが、ある程度食事の量を減らしましょう。



乳酸菌と最強タッグ!?

乳酸菌と酪酸菌はともに腸の中で成長していきますが、いずれも体調管理やダイエットには重要なものになります。酪酸菌を接種する場合でも、単独で摂るのではなく乳酸菌と一緒に摂った方が相乗効果が出るためより短い期間で体重を落とすことが可能になるでしょう。もちろん、その期間に食べ過ぎてしまうと本来落ちるはずの体重も落ちることがありませんので注意をしましょう。確実に体重を落としたい場合には、定期的に運動することも重要になります。

ダイエットの一面が注目されていますが、体調管理をするうえでも非常に重要な菌です。人間の体調不良のうちおよそ6割ほどは腸の健康と関係があるとされています。風邪をひきやすい人や、体調が悪くなりやすい人は、腸に原因があるといっても言い過ぎではないわけです。裏を返せば、乳酸菌と酪酸菌を摂取して腸の状態をよくしておけば、そう簡単に体調を崩すことは考えにくいです。酪酸菌は、ぬか漬けなどから取ることができますが、最近はサプリメントから取るのが一般的になります。


如何だったでしょうか!?

少しでも皆様の知識にプラスになって頂ければ


でもやっぱり運動も大切


多摩市ダンススクールFANATSYでは

LIEN登録の方に 体験無料などのご案内をさせて頂いております。


ぜひこの機会に踊ってみませんか!?


多摩市ダンス毎日の生活に1plus

FANTASY DANCE SCHOOL

閲覧数:21回

最新記事

すべて表示