南大沢でも人気のダンススクール FANTASY

更新日:6月20日


「手をキレイに魅せる簡単なコツ」編


こんにちは!☺️

金曜JAZZダンスクラス講師のMOKAです


今日は、初心者の方が多く悩める「手」をキレイに魅せる簡単な方法をお伝えします!


「これから、ダンスクラスに通ってみようかな!」

と考えている方、


普段のレッスンなどで、

「先生と同じ動きをしているはずなのに、何か違う…?」

「なんだか、私の動き、ダサい…?」


と感じたことがある方、必見です!



手をキメる3つのチェックポイントとは?


(ちなみに写真は、双子コーデでクラスに来てくれたキュートな仲良し姉妹🥰ハートの中に入れてくれました〜😆



今回は、意識しやすい簡単な部分からレベルアップしていきながら、3つのポイントをお伝えします!



ポイント①「手先の形と向き」


指はくっついているか離れているか

手のひらは外、内、前のどこを向いているか

手首は折れているか真っ直ぐか   など、


まずは意識が薄れがちな、

手首から先の形をしっかり意識してみましょう〜!👍



ポイント②「肘の位置(特に高さ)」


意外と大きな差を生むのが、肘です!!

何か違うな…と思ったら、

肘は肩、手首より高いのか低いのか、確認してみてください🌟


腕を動かす振りも、まず肘をマスターできると自然と上手く出来るはずです!!


余裕がある方は、肘の開き具合、角度も調整してみると更に◎です〜🌷



ポイント③「肩からか、背中からか」


最後は、少し慣れてきたら試してみましょう!

ダンスの練習で「アイソレ」「アイソレーション」という言葉を聞いたことはありませんか?


英語のisolation(和訳で分離、孤立など)の意味の通り、

首、肩など一部分だけを、身体の他の部分を止めたまま動かす練習です。


実はダンスの手の動きでは、このアイソレを使って

「肩や胴部分と手を分離して動かす」

ものと、

アイソレとは逆で

「頭〜背中、足など他の部分と連動して手を動かす」

もの、どちらも入り混じっています😳



今、この手は肩から先だけ連動しているのか、背中から連動しているのか、

と意識するだけでダンスがグンと上手くなります😎





いかがでしたか?

この3つを意識して見本を真似すれば、大抵の形は手をキメることが出来ると思います🕺🔥

是非試してみてくださいね!


まずは練習として、写真のキュート姉妹のハートの手をもう一度よく見てみましょう🫶😂


私もクラスの振付の際は、ひとつひとつ手のポイントを簡単にお伝えしながら、みなさんの形を直接手直ししながら進めています🙌



ダンスを踊ってみたくなった方は、無料体験もできますので是非一度遊びに来てくださいね〜🥰


それでは、

金曜18:30〜19:30 JAZZ超入門クラスにて、

(キッズは17:20〜18:15!)


多摩本店でお待ちしております🕺🕺


FANTASY DANCE SCHOOL 講師 MOKA

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示